会社の後輩である、35歳の二瓶と飲みに出かけた時のことです。
酔いにまかせて、自分が経験してきた一連の出来事を彼に話してしまいました。
Twitterや無料の掲示板から登録された出会い系の話を、事細かく彼に話していきました。
彼は一瞬、うなるような雰囲気をみせながら言い出したのです。
「大越さん、それは、全部詐欺ですよ」
Twitterは、確実に詐欺なことは理解が出来ていました。
しかし、掲示板から登録された出会い系は、詐欺だと思っていなかったのです。
そのため計り知れない衝撃を感じた瞬間でした。
「その援交掲示板ですが、悪質出会い系の入口です。女の投稿しかなく、男が投稿出来ないようにもなっています」
「あの投稿は全部偽者?」
「そうですよ。勿論出会い系の方はサクラです」
全くサクラだと考えず、3万円も課金を遣った自分を激しく叱りたい気分になってしまいました。

 

 二瓶は言います。
「援交希望者は確実にネットにいるし、出会うことも可能です」
しかし、出会う場所が問題だと指摘してきました。
完全無料で匿名性の高い場所で、出会いを探すこと自体が大きな間違いだと。
美人局や恐喝まがいのことまで横行していると言うのです。
「下手すりゃ18歳未満との出会いもありますからね」
その言葉に、正直震えてしまったのです。

 

 援交のセックスは、確実に実現出来ると彼は言いました。
「僕は頻繁に楽しんでいますよ」
「えっ・・・」
全く知りませんでした。

 

 ネットの出会いは、細心の注意が必要だと教えられました。
とにかく安全で健全な場所じゃないと、援交すら実現するのは厳しいと言われました。
そして、彼がよく利用している援交アプリの事も語り出してくれたのです。
「Jメール、ワクワクメール、ASOBOは、確実に素人と出会えます」
援交アプリを使えば、女子大生との援交や、人妻との援交など、様々な援助交際の関係が作れるアプリだと教えてくれました。

定番アプリ登録は無料

援交している女子を安全に探すなら!